外壁塗装の豆知識

外壁は、建物を紫外線や風雨から守るための非常に重要な役割を担っています。その役割を維持するために行うのが外壁塗装(リフォーム)や防水工事ですが、せっかく塗装工事を行っても、それで安心していては本当の意味で建物を守ることはできません……。

大切なのは、外壁塗装に関する正しい知識を持ち、継続して対策を行っていくこと。東京・板橋、豊島、文京区エリアを中心に外壁塗装を手掛ける建装オガサワラが、そのポイントをご紹介します。

POINT1 定期的なメンテナンス

一般的に、外壁塗料は施工から10年前後でその役目を終えてしまうほど劣化します。そのため劣化が顕著になってきたら、建物内部へ進行する前の塗り替えが必要です。

POINT2 長持ちする塗料の使用

外壁塗装の効果を長持ちさせるには、塗料にこだわることも重要です。グレードによって料金が異なりますので、施工箇所の状況に応じて使い分けるのが良いでしょう。

POINT3 環境に応じた施工

もっとも劣化が早いのは、紫外線や風雨を多く浴びる箇所。立地条件や日射量に応じて柔軟に塗料や施工方法を変えるのも重要なポイントです。

POINT4 塗料の重ね塗り

耐候性や耐久性を高めるには、塗料を重ね塗りするのも一つの手です。また、重ね塗りには質感を変えたり、思い通りの発色を出したりといった役割もあります。

外壁の劣化についても知っておきましょう!

「壁にひびが入っている……」「触ったら白い粉が付いた……」こんなことはありませんか? これらは外壁劣化の重要サイン。見逃すことのないように、劣化についても正しい知識を持っておきましょう。

クラック

壁などに生じたひび割れのことを言います。放置するとその部分から雨水などが入り込み、建物自体の劣化を進行させてしまいます。小さなひび割れ(ヘアークラック)なら下塗り材を刷り込むだけで対応できますが、大きなクラックの場合は大がかりな処置が必要です。

  • 笠木部クラック
  • 外壁クラック
  • 笠木部クラック
  • 外壁クラック
  • クラック放置による壁崩壊前

チョーキング

外壁や屋根を触り手に白い粉が付く現象や状態をチョーキングと言います。紫外線などによって塗膜が分解されている証拠ですので、チョーキングがあらわれたら、劣化のサインと覚えておきましょう。塗装の表層をはがして再塗装を行うことで対処できます。

  • 一見、普通の壁に見えます
  • 触れてみると……
  • 真っ白になります!これがチョーキング現象です。

HOME

施工事例
中小・雑居ビル
マンション・アパート
中小・雑居ビル
施工実績一覧
ご要望にお応えします
外壁塗装をお考えの方
防水工事をお考えの方
  •     職人さん募集
  • 塗装・防水・内装・その他
    お気軽に御連絡下さい。
  • TEL 03-5921-3725
  • FAX 03-5921-3727
  • 外壁塗装をお考えの方へ
  • 防水工事をお考えの方へ
  • よくいただくご質問と回答 そのお悩みを解消します!

Copyright © 東京・板橋、豊島、文京区の外壁塗装・リフォームと防水工事【建装オガサワラ】 All Rights Reserved.

このページの上まで戻る